FC2ブログ

記事一覧

23番 月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど 大江千里(おおえのちさと)の文(今橋)

23番月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど 大江千里(おおえのちさと)歌意 月を見ると、あれこれ際限なく物事が悲しく思われるなあ。私一人だけの秋ではないけれども。                      所載歌集「古今集」秋上 原色小倉百人一首(文英堂)より 夏の空気に慣れきっていた身体に、いちばん最初にふれてくる あの風、が 皮ふにあたったら。わたしは こころがちかち...

続きを読む

ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)と文(花山周子)

十七番 ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん) 歌意 不思議なことの多い神代でも聞いたことがない。竜田川が唐紅色に水をくくり染めにしているとは。(原色小倉百人一首 文英堂より)所載歌集 古今集 秋下    京都で外国人用に売っている化繊の着物の柄のようで、または雅叙園の豪華絢爛たる装飾のようで、つまり、案外この歌は日本的でないなと思う。「ち...

続きを読む

34番 誰をかも知る人にせむ高砂の松を昔の友ならなくに藤原興風(ふじわらのおきかぜ)(今橋)

34番誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松を昔の 友ならなくに 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)歌意 いったい誰を親しい友人にしようか。長寿の高砂の松も、昔の友ではないのだから。                                 原色小倉百人一首(文英堂)より所載歌集 『古今集』雑上           この歌のことを考えていたら ほとんどわすれかけていた「老いの才覚」曽野綾子、ベスト新...

続きを読む

この春、

この春、映画監督の中村佑子さんが大阪においでくださいました。お目にかかるまえに「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」という映画を拝見して びっくりしていたわたしは いつものようにびびりながら取材を受けました。その日のことを すばるで隔月連載中の 「私たちはここにいるー現代の母なる場所」 8月号でとりあげてくださいました。学生の頃のことや短歌のこと、子どもがおなかにやってきた頃のこと、産まれてからのこ...

続きを読む

としごのおやこ 

この7月、歌集が出ました。紙の歌集では15年ぶりです。「としごのおやこ」といいます。アマゾンでも販売しています。https://www.amazon.co.jp/としごのおやこ-現代歌人シリーズ23-今橋-愛/dp/4863853246どうぞよろしくお願いします。    ( 今橋 )...

続きを読む

十三番筑波嶺(つくばね)の峰より落つる男女(みなの)川 恋ぞつもりて 淵となりぬる(陽成院)の文(花山周子)

「主婦と兼業」※を更新します。今回は花山周子さんのお書きになった陽成院(ようぜいいん)の歌の文と返歌のような一首。気色悪い。ぞっとする。と書く淵を、最後の歌で、しゃっしゃと切っているところがおもしろかった。(今橋)十三番 筑波嶺(つくばね)の 峰より落つる 男女(みなの)川 恋ぞつもりて 淵となりぬる        陽成院歌意 筑波の峰から激しく流れ落ちてくる男女川がしだいに水量を増やして深い淵と...

続きを読む

84 ながらへば またこのごろやしのばれむ憂しとみし世ぞ今は恋しき(藤原清輔朝臣) 今橋愛                              

84ながらへば またこのごろやしのばれむ憂しとみし世ぞ 今は恋しき                                藤原清輔朝臣ふじわらのきよすけあそん 所載歌集「新古今集」雑下 歌意 この先生きながらえるならば、つらいと感じているこのごろもまた、懐かしく思い出されることだろうか。つらいと思って過ごした昔の日々も、今では恋しく思われることだから。現代の人の歌を読んだりしていても、...

続きを読む

十一番わたの原八十島(やそしま)かけて 漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟参議篁(たかむら)の文(花山周子)

今回は、花山周子さんのお書きになった十一番、参議篁(さんぎたかむら)の わたの原八十島(やそしま)かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟と歌です。前回は(花の色は の歌が)好みじゃない。ってことだったけど、今回は好みじゃないどころかって感じの文体で、あってみれば/わけがない/しかも/をこそ愛していたのであり/って文が文を巻きこんで、あたまの中のプールが知らんまに うずまきになっていたよ。そして歌がせ...

続きを読む

【第8番】わが庵(いほ)は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり喜撰法師(きせんほうし)の翻案と文(今橋愛)

今回は今橋愛が書く百人一首第8番、喜撰法師(きせんほうし)の歌です。今回も非常におもしろい。まるで今橋さんの思考の軌跡がそのまま歌の舞台「うぢ山」に新しい道路を敷いていくような、読んでいて不思議な快感がありました。この道路はどこまで伸びていくんだろう。楽しみです。(花山周子)※「主婦と兼業」は今橋愛と花山周子のごくささやかな勉強の場でもありますが、この場を通し、いずれ新たな創作へ繋げていければと思っ...

続きを読む

花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに(花山周子)

今回は、花山周子さんのお書きになった9番小野小町の花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに。あまりにも有名なこの歌を、好みじゃないと、さらっと言ってしまう花山さんは 絶世の美女 小町からも自由だね。と思ったことだよ。(今橋)花山周子九番 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに 小野小町   所載歌集『古今集』春下歌意 桜の花はむなしく色あせてしまっ...

続きを読む