FC2ブログ

記事一覧

70 さびしさに宿を立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ(良暹法師りょうせんほうし)の歌に関する文(今橋) 

70 さびしさに宿を立ち出でてながむれば いづこも同じ秋の夕暮れ  良暹法師 りょうせんほうし 歌意 あまりの寂しさのために、庵を出てあたりを見渡すと、どこも同じように寂しい秋の夕暮れであるよ。                       所載歌集「後拾遺集」秋上 原色小倉百人一首 文英堂より「宿を立ち出でて」の「宿」は、作者・良暹法師の住んでいる庵(いおり)であるということ。今、旅館という言葉と...

続きを読む