FC2ブログ

記事一覧

34番 誰をかも知る人にせむ高砂の松を昔の友ならなくに藤原興風(ふじわらのおきかぜ)(今橋)

34番
誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松を昔の 友ならなくに 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

歌意 いったい誰を親しい友人にしようか。長寿の高砂の松も、昔の友ではないのだから。 
                                原色小倉百人一首(文英堂)より
所載歌集 『古今集』雑上           

この歌のことを考えていたら 
ほとんどわすれかけていた「老いの才覚」曽野綾子、ベスト新書)のことを思い出した。

引用ここから
どんなに仲の良い友だちであろうと、夫婦であろうと、死ぬ時は一人です。
基本的に親は先に死にますし、子供を亡くすこともありますから、一人になった時のことを繰り返し繰り返し考えておくべきなんでしょう。これは、火災訓練と同じようなものです。いざ直面した時に、おたおたして、うまくいかないかもしれません。たぶん、そんな予行演習をやっておいても全く無駄だった、ということになるのでしょう。でも「妻に先立たれるなんて、考えたこともありませんでした」などと言う人の話を聞くと、私は不思議でしょうがない。
引用ここまで

50才くらいになったら、少しづつ これをやっていこうと思っている。

高砂は兵庫県高砂市にある地名。松の名所として知られていたそう。
友ならなくに、の「〜なくに 」は 〜でないので、の意味。

この歌でわかるのは「友」。いくら念じても、子どもはおなかの中で10ヶ月そだってから やってきて、
だから何の前ぶれもなく ぴゃっと ここにあらわれることがないように、
友だちも、ぴゃっと 友だちとしてあらわれることはない。
やりとりがあって、エピソードがあって、時間、空間があって、だんだん友だちになる。

「親しい友人を新たにつくろうと思っても、そういう心の友は長年の交流によってはぐくまれるので、」 

( 原色小倉百人一首(文英堂)より)

この部分に深く納得する。


ひとみからながれるものを
何ていえばいいかわからない  
誰かおしえて           今橋 愛 ( 連作「ひとみからながれるものを」より ) 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント