FC2ブログ

記事一覧

23番 月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど 大江千里(おおえのちさと)の文(今橋)

23番
月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど 大江千里(おおえのちさと)

歌意 月を見ると、あれこれ際限なく物事が悲しく思われるなあ。私一人だけの秋ではないけれども。
                      所載歌集「古今集」秋上 原色小倉百人一首(文英堂)より 


夏の空気に慣れきっていた身体に、いちばん最初にふれてくる あの風、が 皮ふにあたったら。
わたしは こころがちかちか そわそわする。ああ、秋がやってきた。
秋。あれこれものをおもって空を、月を、見上げた こころ。

わたしのこころを歌ったのですか。と 以前 思わせてくれた歌は
あんた 視野狭窄(しやきょうさく)なってんで。と 今日 無言で おしえてくれました。


わたしのためにやってきた秋とちゃうけど
せ つ な い だ ら け で す
今日の月は。 今橋 愛
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント