FC2ブログ

記事一覧

十八番住の江の岸による波よるさへや夢の通ひ路人めよくらむ 藤原敏行朝臣(としゆきあそん)の文(花山周子)

十八番 住の江の岸による波よるさへや夢の通ひ路人めよくらむ 藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

歌意 住の江の岸に寄る波のよるではないが、夜でも夢の通い路を通って逢えないのは、
あの人が夢の中でも人目を避けているからであろう。 所載歌集「古今集」恋二 原色小倉百人一首(文英堂)より


「住の江の岸による波」は「よるさへや」を導き出す序詞となっているが、初句に置かれたこの「住の江」という固有名詞は、私にはなんだか地味でシケた感じがする。「住の江」は当時は景色のよい場所として知られていたようだから、今でもゆかしい地名としての印象が強いのかもしれないので、この印象はあくまで私の語感からくるものなのだけど、人気(ひとけ)のない海岸の荒涼としたさびしさを思うのは、この歌に人気(ひとけ)がないからでもあるだろう。まあ、和歌はだいたい人気がないといえばないのだけれど。
そのような印象が、そこによる波、を叙景としても立たせていて、この一首の基調を成しているとも思うのだ。
改めてこの「住の江の岸による波」の序詞としての働きを説明すれば、これは、「よる波」から導き出される「夜さへや」、つまり、「よる」が掛詞となっていて、「夜の夢でさえ、人目を避けて会いには来てくれない」、という恋心を詠う。
夜の波の岸を洗っては引いてゆく寂しさと、恋人に会えない寂しさとは、序詞や掛詞といったテクニックをかき消すほど、ひとつの心の在り様として静かに繋がっている。「寄る波」、「寄る」「さえや」という言葉の働き、静かな振幅には、往ったり来たりする心の逡巡さえ思わせ、音のリフレインとしても「よくらむ」にまで見事に統一されている。
「よくらむ」の推測、「夢にさへ会えないのは、夢でさえ人目を避けているのだろう」という、ここにはうちに籠る寂しい推測が心の振幅を通して諦念のもとに断定されていくのである。そして、残るのは、荒涼とした波の満ち引きであり、叙景歌としての佇まいなのである。
この歌については、『トリビュート×百人一首』の今橋愛の鑑賞、歌ともに傑作なので、ぜひそちらを一読して欲しい。

墨の絵のなかにいるひと
たゆたっている
なみですね
まるであなたは。   今橋 愛 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント