FC2ブログ

記事一覧

百人一首 秋の田の仮穂の庵の苫をあらみ(天智天皇)

秋の田の 仮穂(かりほ)の庵(いほ)の 苫(とま)をあらみ
わが衣手は露にぬれつつ             天智天皇

歌意 秋の田のほとりにある仮小屋の、
   その屋根を葺(ふ)いた苫(とま)の編み目が粗(あら)いので、私の衣の袖は露に濡れていくばかりである
             〔所載歌集『後撰集』秋中〕
          原色 小倉百人一首(文英堂)より引用 

作者は天智天皇。天皇なのだから、まさかこんな掘っ立て小屋に当人がいるわけもなく、これは農民の暮らしをおもんばかっての御製ということになるようで、
岡井隆は、
「その農業者によせられる感情の表現にあらためて感動した」(『トリビュート百人一首』) と書いている。
岡井が言うこの歌の感情表現は、
「苫をあらみ」の字余りからの下句「わが衣手は露にぬれつつ」の大仰なポーズに印象づけられるものだろう。
古代にあって天皇のような偉い人が農民の悲惨な貧困生活をこのように体感的に想像するというのは、
まさに驚くべきことで、彼が生き生きと演じるそのモチベーションは一体なんだったのか。
露にぬれつつ・・・って。
というわけで、私の場合は現今の金持ちの心持ちをおもんばかって歌ってみる。

見下ろせる地上の人の貧を遠みわが懐は一滴も零さず 花山 周子

注:『万葉集』巻十の中に「秋田刈る仮盧(かりほ)を作りわが居れば衣手寒く露そ置きにける」というこの歌に近似した作者未詳の歌があることから、この歌は実際には天智天皇の歌ではないと考えられている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント