FC2ブログ

記事一覧

70 さびしさに宿を立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ(良暹法師りょうせんほうし)の歌に関する文(今橋) 

70 さびしさに宿を立ち出でてながむれば いづこも同じ秋の夕暮れ  良暹法師 りょうせんほうし 

歌意 あまりの寂しさのために、庵を出てあたりを見渡すと、どこも同じように寂しい秋の夕暮れであるよ。

                       所載歌集「後拾遺集」秋上 原色小倉百人一首 文英堂より

「宿を立ち出でて」の「宿」は、作者・良暹法師の住んでいる庵(いおり)であるということ。
今、旅館という言葉として使う「宿」とはちがうということ。

「大原にすみはじめるころ」という詞書が見えるものがあるそうで、
別の土地から大原に移ったのなら、数日泊まってまた戻るのとは少しちがって。
新しい土地に対して身体がセンサーをはりめぐらしていて、慣れきってしまう前。
いろんな感情があっただろうと想像する。
しかも秋。あ、あき。と その年一番最初に秋を感受するときは どこにいたって独特だろう。

良暹法師が庵を出てあたりを見渡したこと。
目のまえの広がった秋の夕暮れ。
それは良暹法師の大原での体感であるけれど、
そこから映像が上がっていくというか、上がっていき 上がっていきすると ぼやけるというか
大原でのこの人の体感が 「大原」とか、「良暹法師の」とか、
どこかのひとつの地名や
ひとりの人のことでなくなって もっと広い。大きな。
「どこにいこうとも このようなものである」
そんな吟遊詩人の矜持も聞こえてくるような気がした。

むずかい言葉はひとつも使われていないが 
大原。抽象。世界。低い。高い。良暹法師。読みひと知らず。
こめられているものは多い。
このひとのような歌がつくりたい。

さびしい。が 
わっと とびついて でてみると 
どっこも どこまでも あきがあるだけ 今橋 愛 

良暹法師 りょうせんほうし 
十一世紀前半に活躍。詳しい家系・経歴は未詳だが、延暦寺の僧で、大原や雲林院にも住んだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント